歯周病治療

歯周病とは

歯周病とは、歯と歯ぐきの隙間にたまったプラーク(歯垢)によってお口の中に炎症が起きる病気です。まず歯ぐきに炎症が起こり、歯を支える骨が溶け、最終的には大切な歯を失ってしまいます。細菌のかたまりであるプラークが歯周組織の奥深くまで入りこみ、骨を溶かしてしまうのです。

  • 歯周病 軽度:歯を支えている歯槽骨が溶け出した状態
  • 歯周病 中度:歯を支えている歯槽骨が1/3~2/3溶けてしまった状態
  • 歯周病 重度:歯を支えている歯槽骨が2/3以上溶けてしまった状態

ポイントは『早期発見』

歯周病は初期段階での自覚症状がほとんどありません。進行すると歯ぐきの出血や腫れ、歯のぐらつき、口臭などといった様々な自覚症状が出てきます。こうした症状を放置しておくと、最終的には治療が困難な状態に陥って抜歯することになってしまうのです。

歯周病は自覚症状が強くなる前に検査を受け、初期段階で治療を受けることが大切です。

当院は歯周病治療に力を入れて取り組んでいます

歯周病とは、歯と歯ぐきの隙間にたまったプラーク(歯垢)によってお口の中に炎症が起きる病気です。まず歯ぐきに炎症が起こり、歯を支える骨が溶け、最終的には大切な歯を失ってしまいます。細菌のかたまりであるプラークが歯周組織の奥深くまで入りこみ、骨を溶かしてしまうのです。

基本的な歯周病治療

TBI(ブラッシング指導)
歯科衛生士によるプラークコントロールを指導いたします。
スケーリング
歯周病の原因であるプラークや歯石は、普段のブラッシングでは除去しきれないため、「スケーラー」という専用の器具を用いて除去します。
ルートプレーニング
スケーリングだけでは除去できない、歯周ポケットの奥深くに溜まった歯石などを除去します。
歯の表面がツルツルになり、プラークなどの再付着を防げます。

歯周病治療としては、このような歯磨き指導や歯石除去が一般的です。
更に健康を取り戻す為には再生療法などの進んだ治療が必要です。


更に進んだ歯周病治療

CTによる診断が可能。歯周病で溶けて失われた骨を再生することは、骨折などと違い大変困難なことでした。しかし近年、骨の再生を促す特殊なタンパク質が開発され、症例によっては骨そのものを再生させる「再生療法」が可能となりました。

ただし、この手術は従来の歯周外科手術以上に医師の技術や知識に左右されやすく、まだ一部の歯科医師が行っているに過ぎません。当医院ではこの手術を積極的に行い、確実に骨再生ができるようにさらなる技術の向上に取り組んでいます。

●GTR(組織再生誘導法)
通常の歯周病治療とGTR法による歯周病新治療との違いを図解で説明しています。GTR法では、歯根膜を再生しやすいようにメンブレンというバリヤー膜を設置してスペースを作ります。時間の経過とともに成熟し、もとの組織と同程度までに回復します。

対応:天然歯が歯周病によって失われた骨を再生する方法です。
治療内容:歯肉の侵入をメンブレンという膜で防ぎ、自然治癒を促して再生させます。

●エムドゲインによる再生治療
エムドゲインによる治療方法を図解で説明しています。

対応:歯周病によって失われた歯周組織を再生する方法です。
治療内容:エムドゲイン治療とは、GTR法と同じく、歯周組織を再生させる治療のことです。
GTR法では、歯肉が入り込むのを膜を用いて阻止しますが、エムドゲイン法では、歯周ポケット内部を清掃した後にエムドゲイン・ゲル(エナメルマトリックスデリバティブ)という薬剤を欠損部に入れ、歯肉の侵入を防ぐと同時に歯周組織の再生を促します。