インプラント治療について

失った歯を取り戻せる治療法「インプラント」

インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上にセラミックなどの人工歯を取り付ける治療です。

従来、歯を失った場合は、ブリッジや義歯(入れ歯)による治療が行われてきました。ブリッジは、なくなった歯の両側にある健康な歯を削り、連結したかぶせ物を取り付けます。そのため、両側の歯に負担をかけてしまいます。また、義歯は噛む際に痛みが伴いズレ、見た目が悪いなど、快適な使用感を得ることが困難です。

インプラント治療には顎の骨とインプラントを結合させるための手術が必要ですが、近年では技術が進歩し、身体へのダメージが低減される方法が選べるようになりました。ブリッジや義歯のような欠点がなく、本来の歯と同じような使用感を得られるのが最大の特徴です。また、残っている歯をより長持ちさせることが可能です。さらに、正しくメインテナンスを受けることで、長期にわたって機能性・審美性の維持が可能で、信頼のおける治療方法です。

当院のインプラント治療の特徴

インプラント治療を行う歯科医院は年々増加しています。しかし、治療方針や費用、期間は各医院によって違いがあるため、どの歯科医院で治療を受ければよいか悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。

当院では、機能性・審美性・耐久性のいずれも犠牲にしてはならないというコンセプトのもとインプラント治療を行なっています。

特徴
日本口腔インプラント学会の専門医と専門衛生士が在籍しています。
CTを用いた精密なプランニングにより確実・安全な手術をしています。(※1)
科学的根拠に基づいた治療方法を選択しています。(※2)
術前に費用、期間、メリット、デメリット、起こりうるトラブルなどを説明し、ご理解いただいてから治療を開始しています。
インプラント治療だけではなく口腔内全体の健康を考え、他の部分に対しても治療・ケアを確実に行なっています。
治療後、インプラントが長持ちするようにメインテナンスを行なっています。
  • (※1)歯科用CTスキャンを用いて撮影を行い、コンピュータ上でインプラントの埋入位置をシミュレーションします。
    この機器を導入することで、インプラント埋入部位の断面画像が見られるようになり、事前の診断の精度が格段に向上し、より安全・確実に埋入位置をシミュレーションすることが可能になりました。さらに、コンピューターガイドシステムを用いて計画した位置へ正確にインプラントを埋入することが可能となりました。
  • (※2)当院長はインプラント治療の先進国アメリカなどの研修を積極的に受け、患者様に安心・安全なインプラント治療をする為に日々研鑽しております。
  • (注)当医院では、上記の考えのもとで治療を行うため、通常の治療に比べて治療回数、期間、費用がかかることをご理解下さい。

インプラント治療の安全性

インプラント治療を安全に行うためには適切な診査・診断と治療計画が大切です。とくにインプラントを適正な位置に計画し、埋入することは合併症の防止、長期的な安定、審美性という点で非常に重要なことです。

当医院ではこのような治療を行うために、CTと口腔内スキャナーの画像をコンピュータで合成しインプラントのシミュレーションを行っています。このシミュレーションを行うことで、骨の状態や神経、血管の位置をくわしく知ることができ、適正なインプラントの埋入位置を決めることができます。

コンピュータシミュレーション

コンピュータシミュレーションで作成した画像。様々な角度から歯の状態を見ます。

下記取り組みも徹底して行い、安全性の高い治療が行えるよう配慮しております。
生体モニターを導入
空気清浄機の導入
完全滅菌の徹底

>>症例紹介はこちらへ