むし歯治療

むし歯の原因は?

むし歯とは口の中にいる原因菌(ミュータンス菌)が作る”酸”が歯を溶かす病気で、発生するには4つの条件があります。

1.むし歯菌

ミュータンス菌などの酸を産生する細菌は、プラークと呼ばれる細菌の塊となって歯の表面に付着しています。プラークは粘着性が強く、うがいではとれません。歯ブラシなどでこすり取るのが一番確実なのです。したがって、歯並びが悪いところはどうしてもむし歯になりやすくなります。

むし歯菌

2.糖分

砂糖がむし歯の原因になることはよく知られていますが、意外と気づきにくい食品にも含まれています。スポーツドリンクや乳酸菌飲料などの飲料や、みりん、ソース、ケチャップなどの味の濃い調味料も糖質が含まれています。

糖分

3.歯と唾液の質

歯の溶けやすさには個人差があり、むし歯になりにくい人もいます。フッ素を効果的に使うことで、酸に対する抵抗性を上げることができます。また、唾液には酸を中和するはたらきがあります。唾液量は加齢や病気によって減るので、口が乾きやすい人は要注意です。

歯と唾液の質

4.時間

糖分をとったからと言ってすぐにむし歯になるわけではありません。実際には唾液によって酸のはたらきは弱まります。しかし、歯磨き不足でプラークが長時間残っている、ダラダラ食べ続けることで糖分が長時間口の中にあることでむし歯が発生します。

時間

実は再発むし歯が多い

「ちゃんと磨いてるんですけどね〜」
一度治療をした歯はむし歯にならないと思っている人は意外と多いです。しかし、実際には歯科医院でのむし歯治療の大半が再発むし歯の再治療です。再治療をするたびに歯は小さくなり、詰め物が大きくなりついには抜歯対象となってしまいます。しかも再発むし歯が発生する間隔はどんどん短くなり、あっという間に進んでしまいます。したがって、最初にできたむし歯をしっかり治療し、再発しにくい状態を作る必要があります。

再発むし歯を防ぐための治療

最初のむし歯と異なり、再発むし歯は歯と詰め物との境目から発生します。したがって、その境目がきっちりと封鎖されていることが大切です。

そのために考えるべきことは
段差や隙間がないフィットの良い治療をおこなう。
詰め物と、セメントには接着力の高い良質な材料をもちいる。
噛む力でセメントが壊れにくいように、噛み合わせを治し、歯ぎしりや食いしばりを防ぐ
などがあります。詳しくは当院でご相談ください。
  • 治療前
    金歯と歯の境目からむし歯が再発している
  • 治療後
    境目がわからない治療は再発リスクが低い

再発むし歯を防ぐための歯の磨き方

最初のむし歯と異なり、再発むし歯は歯と詰め物との境目から発生します。人工物そのものはむし歯にならないので、境目を意識したブラッシングが必要です。つまり、一度むし歯になったら磨き方を変えないといけないのです。そのためには歯ブラシだけでなくデンタルフロスや歯間ブラシなどの補助器具を使うことや、細かい作業が難しいご高齢の方などは電動歯ブラシの併用も効果的です。くわしくは歯科衛生士にご相談ください。