世界のインプラント事情を求めて|インプラント・歯周病治療なら 枚方市の歯科 山羽歯科医院にご相談ください。インプラント専門医も在籍

医療法人 山羽歯科医院

0728566502

山羽院長ブログ

世界のインプラント事情を求めて

ITI World Symposium 

 

 例年とくに予定のないゴールデンウィークにスイスのバーゼルで開催されたITI World Symposiumに参加してきました。ITIとは1980年に設立されたThe International Team for Implantologyの略で、インプラント歯学における研究、教育を行う専門家のネットワークです。3年に1度行われるワールドシンポジウムには世界中からインプラント専門医が集まり、現在のインプラントの治療技術、研究結果、新しいテクノロジーについての議論がかわされます。

 

 

 

 今回のテーマは ”Key factors for long-term success”「インプラント治療を長期に渡り成功させるための鍵となる要素」です。そう、現在のインプラントはうまくいって噛めるようになることは当たり前であり、いかに長持ちさせるかということが話題なのです。

 

 

 

ところで、このバーゼルという町はチューリッヒ、ジュネーヴに次ぐスイス第三の町で、スイス、フランス、ドイツの国境が接する所に位置しています。市街地はライン川をまたぐように広がり、その最終地点ということで古くから商業も栄えていた街だそうです。美術館や博物館も多い文化的な街ですが、タイトな日程での参加のため観光には行けませんでした。

 

 

 

町には路面電車がたくさん走っていて、観光客は何度でも無料で乗れます。学会が終わってからはこれを使って食事や買物に行きました。

 

 

 

 

 

 

季節外れのチーズフォンデュを探し求めてやっとたどり着きましたが、うーん正直お味の方は微妙でした。お店が良くなかったのか。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る